ボルボカーズ、ゲーム技術を活用して車載ディスプレイ開発

モータースポーツ レスポンス

ボルボカーズ(Volvo Cars)は6月1日、「フォトリアリスティック・ビジュアライゼーション技術」を次世代EVに搭載すると発表した。

この技術は、エピック・ゲームズ社と共同開発しているもの。同社は、世界最大級のゲーム「フォートナイト」で知られるインタラクティブ・エンターテイメントとソフトウェアの企業だ。両社は協力して、エピックのゲームエンジン「Unreal Engine」を次世代ボルボ車に搭載し、車内で高品質なグラフィックスを実現することを目指す。

ボルボカーズは、欧州の自動車メーカーとしては初めて、「ヒューマン・マシン・インターフェイス (HMI)」の開発に Unreal Engineを使用する。具体的には、ドライバーに関連情報やインフォテインメント機能を表示する車内ディスプレイの「ドライバー・インフォメーション・モジュール (DIM)」に焦点を当てる予定だ。

次世代のボルボ車では、車載ディスプレイで印象的で高品質なグラフィックスを目にすることができる、と自負する。よりシャープなレンダリング、豊かな色彩、全く新しい3Dアニメーションなどが可能になるという。

Unreal Engineを第3世代の「Snapdragon」コックピットプラットフォームの高性能コンピューティングパワーと組み合わせることで、次世代のボルボ車では、グラフィックスとインフォテインメントシステムの性能における新しい基準を打ち立てることを狙う。その結果、ボルボカーズの次世代インフォテインメントシステムは、従来に比べて2倍以上高速化し、車内のグラフィックス生成と処理は最大で10倍高速化される予定だ。

新たなグラフィックが初めて搭載されるのは、ボルボカーズが2022年後半に発表予定のフラッグシップEV。このモデルは、2030年までにEVのみを販売することを目指すボルボの新世代EVの最初のモデルになる、としている。

  • 森脇稔
  • ボルボカーズの次世代EVの車載ディスプレイのイメージ《photo by Volvo Cars》
  • ボルボカーズの次世代EVの車載ディスプレイのイメージ《photo by Volvo Cars》
  • ボルボカーズの次世代EVの車載ディスプレイのイメージ《photo by Volvo Cars》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ