レクサス ROV…バギータイプのオフローダー、富士スピードウェイに走行エリア計画

新車 レスポンス

トヨタ自動車は、6月4〜5日にスーパー耐久シリーズ第2戦決勝が行われた富士スピードウェイで、レクサス『ROV Concept』を展示した。水素エンジンのカーボンニュートラルと多様なライフスタイルを提案する。

一見すると大型のバギーのように見えるが、正式にはROV(Recreational Off highway Vehicleの略)でと呼ばれる乗り物で、コンパクトなボディサイズと悪路走破性を備えている。荒野やブッシュが生い茂る林の中などで、雄大な自然とのふれあいを楽しめる乗り物となっている。

今回レクサスは1.0リットル直列3気筒エンジンに、圧縮気体水素を燃料とすることで、カーボンニュートラルを目指し、同時に多様なライフスタイルを提案する。

アメリカなどではこのようなROVが日常的に仕様され、海外では多く販売されているという。今回はヤマハ『YXZ1000R SS』をベースにレクサス流のデザインに仕上げている。ボディカラーにはIron Oxide(アイアンオキサイド)を採用しより上質な仕上がりを見せる。

富士スピードウェイで展示した理由は、場内のP10と呼ばれる駐車場の奥に、アドベンチャーを楽しめる広大な敷地を整備し、ROVを走らせて楽しめる空間を整備する企画があるから。今回の展示では車内に座り、P10の奥地に広がる敷地を走っているのを感じられるように、ゴーグルをして映像を楽しめる仕組みになっていた。

将来は、移動式水素充填ステーション、ROV、遊び場所などをまとめて持って行き、免許が無い人でも気軽にアドベンチャーな体験をできるような、充填・車両・場所などを提供するそうだ。

この車両は、1月の東京オートサロン2022で展示されていたので見たことがある人も多いだろう。その時のタイヤはオフロードタイヤだったが、今回はミシュラン製のX TWEELを装着。いわゆるエアレスタイヤとなり、タイヤとホイールが一体化されているのが特徴だ。ラフロードでのパンクの可能性を排除するのと、パンクによるタイヤの破棄などの環境負荷にも配慮していると言う。トレッド面が減ってきた場合はリトレッドで新しいトレッド面を貼り替えることで仕様し続けることができるのも特徴の1つだ。

  • 雪岡直樹
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
  • レクサス ROV Concept《写真撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ