オデッセイ用HKSサスペンションに不具合…改善対策品に無償交換

テクノロジー レスポンス

HKSのホンダ『オデッセイ』用サスペンションに不具合が判明、HKSでは不具合改善対策品に無償交換する。同車種用に2013年12月から販売しているハイパーマックスのブラケットASSYに亀裂が発生し、最悪の場合、走行不能になる。

対象製品はハイパーマックスSスタイルC(品番:80110-AH120)、同リニューアル版(品番:80110-AH220)、ハイパーマックスSスタイルL(品番:80130-AH108)、同リニューアル版(品番:80130-AH208)、ハイパーマックスS(品番:80300-AH208)。2013年12月以降に出荷された製品で、製造時期によらず該当する品番の製品すべてが対象だ。

ホンダ・オデッセイ(RC1、RC4)用のフロントサスペンションにおいては、他の車種に比べて駐車の際のハンドル据え切り操作時にブラケット部にかる負荷が大きいため、長期間の使用でブラケット溶接部に亀裂が発生する恐れがある。

駐車場での移動操作時にブラケットASSYが破断し、走行不能となる事例が1件確認された。

  • 高木啓
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ