スバル、米国ベンチャー投資ファンド「WiL Ventures III」へ出資

業界 レスポンス

SUBARU(スバル)は6月7日、米国シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタル WiL社が運営するベンチャー投資ファンド「WiL Ventures III」に出資すると発表した。

WiLは、2013年に設立されたファンドマネジメント会社で、ベンチャー企業への豊富な投資経験とIoTやAIなどの先進的な技術、サービスの知見を元に、日本大手企業との新規事業を創出するとともに、イノベーションの推進に必要な人材の育成支援も行っている。WiL Ventures IIIは、主な投資分野にデジタルトランスフォーメーション関連分野やサステナビリティ分野を含み、イノベーションを目指す日本の複数の大手企業などが出資するベンチャー投資ファンドだ。

スバルは徹底した差別化を図るビジネスモデルを展開し、顧客にとっての「Differentな存在」であることとともに「笑顔をつくる会社」を目指している。今回、WiL Ventures III への出資を通じて、新規事業創出や人材育成サービスを持つWiLと連携することで、WiLシリコンバレーをスバルのイノベーションに資する拠点として活用し、新たなスバルの価値づくりに取り組んでいく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ