三菱自動車、新型電動SUVを発表へ…欧州で市場拡大へ

新車 レスポンス

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の欧州部門は6月7日、新型『ASX』(日本名:『RVR』に相当)を、9月にワールドプレミアすると発表した。

ASXは、三菱自動車の欧州市場における主力車種のひとつだ。新型は、ルノー日産三菱アライアンスの提携の効果を生かして開発されている。新型ASXは、ルノーの最量販車種がベースになる。現時点では公表されていないが、ルノーのSUV『キャプチャー』がベースになる可能性が高い。

新型ASXには、5種類のパワートレインが設定される。その中のひとつが、三菱が得意とするプラグインハイブリッド(PHEV)だ。三菱はPHEVのラインナップを、欧州BセグメントSUVに拡大する。

新型ASXのPHEVは、1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジン(最大出力160hp)に2つの電気モーター、蓄電容量10.5kWhのバッテリー、「マルチモード」トランスミッションを組み合わせる。

  • 森脇稔
  • 三菱 ASX( RVR に相当)新型のティザー写真《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ASX 現行モデル(日本でのRVRに相当)《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ASX 現行モデル(日本でのRVRに相当)《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ASX 現行モデル(日本でのRVRに相当)《photo by Mitsubishi Motors》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ