ホンダ X-ADV、新色レッドとブラックを追加

モーターサイクル レスポンス

ホンダは、大型クロスオーバーモデル『X-ADV』のカラーリングを変更し、7月28日より販売を開始する。価格は132万円。

X-ADVは、力強いトルク特性と優れた燃費性能を両立させた直列2気筒745ccエンジンに、ホンダ独自の二輪車用「デュアルクラッチトランスミッション(DCT)」を搭載。力強いスポーティな走りと、タフなイメージの個性的なスタイリングなどが特徴のモデルだ。

今回、新色として、鮮烈な色合いで存在感を放つ「グランプリレッド」と、力強く精悍な印象の「マットバリスティックブラックメタリック」を採用。継続色の「パールディープマッドグレー」と合わせた全3色のカラーバリエーションとした。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ X-ADV(マットバリスティックブラックメタリック)《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ