岸田首相、来週にもトヨタ本社を訪問、工場も視察へ[新聞ウォッチ]

社会 レスポンス

立憲民主党が細田博之衆院議長に対する議長不信任決議案とともに岸田内閣に対する不信任決議案も提出したが、自民、公明両党などの反対多数で否決され、夏の参院選を目前に控え、与野党の対決姿勢が鮮明となっている。

こうした中、きょうの朝日などが報じているが、岸田文雄首相が、来週後半にも愛知県豊田市のトヨタ自動車本社を訪れる方向で調整に入ったそうだ。腰の低さでは定評のある岸田首相だが、現職の首相がトヨタを「公務」で訪問するのは異例のことで、「7月10日投開票が有力視される参院選をにらみ、賃上げに向けた取り組みをアピールする狙いがある」とも伝えている。

記事によると、1999年以降の首相動静では、自民党の首相のトヨタ訪問は、2018年に中国の李克強(リーコーチアン)首相が来日した際、当時の安倍晋三首相がトヨタ自動車北海道(北海道苫小牧市)を同行視察したことがあるだけだという。

来週の6月15日は、トヨタの定時株主総会が開かれるため、岸田首相の本社訪問は総会後とみられるが、首相は現場の声を聞くため、豊田市内の工場も視察して、トヨタ社員と車座で意見交換する予定のようだ。

愛知県は労働組合が影響力を持ち、かつて「民主王国」と呼ばれたが、トヨタ自動車グループの労働組合でつくる全トヨタ労働組合連合会は野党に限らず、超党派との協力を加速させる方針に転換。昨年の衆院選では、トヨタ労組出身の旧民主党系の古本伸一郎氏が、公示直前に不出馬を表明したことで、自民党が初めて議席を獲得した。「100年に一度の大変革」を迎え、トヨタ系の労働組合の中には経営側と意気投合する社員も少なくない。参院選を前に岸田首相の異例の“表敬訪問”を機に自民党への支援を仰ぐ狙いもあるようだ。

2022年6月10日付

●観光入国手続き再開、ビザ申請2年2か月ぶり(読売・1面)

●円安歯止めかからず、20年4か月ぶり水準、企業・家計の負担増(読売・11面)

●ANA国内線全便運航、来月2日から羽田発着分(読売・11面)

●首相、トヨタ訪問へ調整、参院選前アピール?(朝日・4面)

●広がれ栄えよ 草の根ラリー、ファン発掘・地域振興トヨタの挑戦(朝日・8面)

●主権回復、脱炭素で築く自動車立国、米国で市民権得たトヨタ(産経・1、3面)

●自賠責、来年度値上げへ、改正法成立、被害者支援に(産経・24面)

●マスク氏「オフィスで働け」、在宅か出社か労使に問いかけ(日経・7面)

●車部品、棚卸し資産4割増、主要27社、過去最高、トヨタ系顕著、3月末(日経・18面)

  • 福田俊之
  • トヨタ自動車本社《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ