日産の新型軽EVサクラ、3週間で受注1万1000台…50代以上が7割

新車 レスポンス

日産自動車は、5月20日に発表した新型軽EV『サクラ』について、約3週間で受注1万1000台を突破したと発表した。なおサクラは6月16日より販売を開始する。

サクラは軽自動車ならではの小回り性能に加え、圧倒的な静粛性や力強くなめらかな加速、上質で洗練されたデザインで包み込む広々とした室内空間、日常使いに十分な航続距離などが好評を得ている。また、高速道路の単一車線での運転支援技術「プロパイロット」や、駐車時にステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で制御する「プロパイロット パーキング」など、充実した先進技術も多くのユーザーから支持を得て、発表から約3週間で1万1000台を超える受注台数へと繋がった。

受注のグレード別内訳は36%が最上位の「G」を選択。アラウンドビューモニターは7割以上が選んでいる。ボディカラーは「ホワイトパール」(21%)がトップ。以下、「ホワイトパール/チタニウムグレー 2トーン(15%)」、シーズンズカラーでもある「暁-アカツキ-サンライズカッパー/ブラック 2トーン(12%)」が続いている。

年齢層は「60代」(26%)がトップ。以下、「50代」(24%)、「70代〜」(21%)、「40代」(18%)、「〜30代」(11%)と続き、50代以上が7割を占めている。また、複数のクルマを所有している人や、以前からEVに興味を持っているガソリン車オーナーからの代替えが多い傾向だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日産サクラ(暁-アカツキ-サンライズカッパー/ブラック 2トーン)《写真提供 日産自動車》
  • 日産サクラ(ホワイトパール/チタニウムグレー 2トーン)《写真提供 日産自動車》
  • 日産サクラ発表《写真撮影 高木啓》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ