復活のワーゲンバス ID.Buzz、高性能仕様を設定へ

新車 レスポンス

フォルクスワーゲンは6月15日、新世代EV「ID.」シリーズの全モデルに将来、高性能グレードの「GTX」を設定すると発表した。ミニバンの『ID.Buzz』にも、GTXが用意される予定だ。

現在、GTXは、電動SUVの『ID.4』と電動SUVクーペの『ID.5』にラインナップされている。GTXはパフォーマンスとデザインを重視し、「GTI」やプラグインハイブリッド車(PHV)の「GTE」と並んで、フォルクスワーゲンのEVのトップパフォーマンスモデルに位置付けられる。欧州でのGTXの販売比率は、ID.4とID.5全体のほぼ4割に達しているという。

ID.4とID.5のGTXでは、リアアクスルに加えてフロントアクスルにも電気モーターを搭載し、ツインモーター+4WDとなる。フロントのモーターは、強力なトラクションが必要な場合などに、瞬時に作動する。走行モードの「トラクション」を選択した場合、常時AWDになる。システム全体のパワーは299psで、0〜100km/h加速を6.2〜6.3秒で駆け抜ける。

フォルクスワーゲンのID.シリーズの営業&マーケティングを統括するSilke Bagschik氏は、「『ID.4 GTX』と『ID.5 GTX』の成功は、GTXブランドを独立して位置付ける戦略を裏付けるもの。GTXブランドを継続的に拡大し、『ID.3』からID.Buzzまで、すべてのID.シリーズにGTXを設定していく」と述べている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.4 GTX と ID.5 GTX《photo by VW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ