人とくるまのテクノロジー展2022名古屋、3年ぶりにリアル開催へ

新車 レスポンス

自動車技術会は、6月29日〜7月1日の3日間、愛知県名古屋市のポートメッセなごやで「人とくるまのテクノロジー展2022名古屋」を開催すると発表した。7月5日まではオンライン展示会「人とくるまのテクノロジー展2022 ONLINE STAGE2」も開催する。

人とくるまのテクノロジー展は、自動車産業の第一線で活躍するエンジニアのための自動車技術専門展。名古屋でのリアル開催は3年ぶり5回目で、今回は165社が406小間出展する。このうち、オンラインのみの出展は29社。出展内容では、日本初が2件。

名古屋展での主催者企画展示は「知恵・技・匠が照らすカーボンニュートラルへの道」をテーマとする。カーボンニュートラルをさまざまな角度から目指す技術を取り上げ、「知恵・技・匠」といった要素技術にも目を向けた展示とする。デンソーや豊田自動織機、シャープ、日本特殊陶業などが展示に協力する。

また、今後の新しい展示会のあり方を展望、出展社、来場者サービス向上に向けて「人とくるまのテクノロジー展」の中でモビリティを活用した実証実験を実施する。現地会場では自動運転デモ車による試乗体験も実施する。

さらに、「自動運転」をテーマとした展示企画も実施する。中部地区の企業を中心に、自動運転に関連した技術・製品を紹介する。

  • レスポンス編集部
  • オンライン主催者企画展示のイメージ《画像提供 自動車技術会》
  • 展示会での新たな移動価値の創出に向けた実証実験のイメージ《画像提供 自動車技術会》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ