ポルシェ 911ターボS 新型、市販車クラスの新記録狙う…パイクスピーク2022

新車 レスポンス

ポルシェは6月17日、新型『911ターボS』(Porsche 911 Turbo S)が6月26日、米国で決勝レースが行われる「第100回パイクスピーク国際ヒルクライム」に参戦すると発表した。

新型911ターボSが参戦するのは、市販車クラス。2019年にリース・ミレン選手がベントレー『コンチネンタルGT』で打ち立てた10分18秒488の記録更新を狙う。

新型911ターボSには、3.8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンを、2つのVTG(可変タービンジオメトリー)ターボで過給した新ユニットを搭載する。最大出力は従来型を70ps上回り、650psを獲得した。最大トルクは5.1kgmプラスの81.6kgmを引き出す。トランスミッションは、ターボ専用の8速「PDK」(ポルシェ ドッペルクップルング)。0〜100km/h加速は、従来型を0.2秒短縮する2.7秒で駆け抜け、最高速は330km/hに到達する。

  • 森脇稔
  • ポルシェ 911 ターボS 新型のパイクスピーク参戦車両《photo by Porsche》
  • ポルシェ 911 ターボS 新型のパイクスピーク参戦車両《photo by Porsche》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ