路線バス向け音声合成放送装置発売、ワンマン機器と連動制御…クラリオン

テクノロジー レスポンス

クラリオンは、路線バス向け音声合成放送装置「CA9000」および専用のタッチパネル式系統設定器「CK5000」を6月下旬より発売する。

CA9000は、バス内の各種ワンマン機器(LED行先表示器、料金箱、運賃表示器、整理券発行器)との連動、制御や乗客へのリアルタイムな案内放送を行うことができる。乗客への注意喚起放送の他、乗務員向けの早発防止をはじめとする注意喚起やスターフ機能、放送機能などもニーズに合わせカスタマイズ可能。SDXC対応SDメモリカードスロット、USB端子、Ethernet端子を装備、3D加速度・ジャイロセンサーを内蔵する。

また、豊富なオプション機能をラインアップ。OTA(無線通信、2023年度の対応を計画)機能はAGS(オートガイドシステム)運行データ、AGSアプリケーションを自動更新でき、ソフトウェア更新の煩わしさを大幅に軽減できる他、さまざまな運行データを元にバスロケーションシステムと連携し、データ活用した安全運行をサポートする。

CK5000は、CA9000専用の系統設定器。運行に関わる様々な情報を乗務員に表示伝達するため、IPS液晶の採用で高輝度・広視野角による見やすさを向上させた。静電式タッチパネルは、乗務員が手袋装着時でも操作可能となるようチューニング。HDカメラ/アナログカメラの自動識別機能つきの2系統のカメラ入力に対応する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • システム概要《図版提供 フォルシアジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ