広汽ホンダ、EV新工場の建設開始…年産12万台で2024年稼働開始へ

エコカー レスポンス

ホンダの中国における四輪車生産販売合弁会社である広汽ホンダは、EV専用の新工場建設を広州経済技術開発区(広東省広州市)で開始した。

新工場の敷地面積は40万平米、年間生産能力は12万台で2024年の稼働開始を目指している。投資総額は34.9億元(約700億円)。太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーの活用など、サステナブルな取り組みを積極的に進めるほか、先進的な生産技術を数多く導入することで、高効率、スマート、低炭素なEV工場を目指す。

ホンダは中国にて、2027年までにEV『e:N』シリーズ10車種の発売を予定している。新工場は、今後広汽ホンダが展開する幅広いEVラインアップを支える生産拠点となるだけでなく、同じく2024年に稼働開始を計画する東風ホンダのEV新工場とともに、ホンダの中国におけるEV生産の基幹拠点となる。

なお、2024年には、広汽ホンダ・東風ホンダそれぞれのEV新工場稼働開始により、中国におけるホンダの年間四輪生産能力は現在の149万台から173万台となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 広汽ホンダ e:NP1《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ