ヤマハ発動機、環境分野に特化した投資ファンドを設立

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は6月21日、カーボンオフセットが可能な新たな取り組みとして、環境分野に特化した投資ファンド「ヤマハモーターサステナビリティファンド」を設立したと発表した。運用総額は1億ドル(約135億円)、運用期間は15年。

ヤマハ発動機は、「世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供する」ことを企業目的として掲げており、環境分野における取り組みは、その実現のための最重要テーマの一つ。今回のファンドを通じて、環境課題の解決に挑戦している多くの企業との連携を強め、志を同じくするパートナーとして相互に高め合いながら、より良い社会の実現に貢献していく。

同社は、2015年に米国・シリコンバレーを拠点とする「ヤマハモーターベンチャーズ(YMV)」を設立。2018年には自社ファンド「ヤマハモーターエクスプロラトリーファンド」も立ち上げ、新事業創出のためにスタートアップ企業への探索投資活動を行っている。新中期経営計画(2022〜2024年)では、これまで進めてきた成長戦略と基盤強化に加え、サステナビリティ対応の強化を発表。目標達成に必要なカーボンオフセットの取り組みを加速させるため、サステナビリティに寄与する技術とビジネスモデル探索を行っている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ