顔認証連動型アルコールチェックシステム発売、10月1日からの義務化に対応

テクノロジー レスポンス

サイホープロパティーズは6月20日、アルコールチェック義務化に対応する新商品として、顔認証サーマルカメラとアルコール検知器を統合した「顔認証アルコールチェックシステム」の販売を開始した。

10月1日より、白ナンバー車5台以上を使用する安全運転管理者選任事業者を対象に、アルコール検知器を使用しての酒気帯びの有無の確認が義務化される。同社は、対象となる事業者を支援するだけでなく、飲酒運転の根絶に寄与するために顔認証アルコールチェックシステムの販売を決定した。新製品は、AIによる顔認証機能とアルコールチェック機能を連動。顔データから判定した運転者と乗務車両、アルコール値を自動的に紐付け、クラウドやカメラ本体にデータを保管する。

顔認証サーマルカメラは、運転者の自動判別と車のナンバーを紐付け。さらにアルコールチェック機能が連動することで、安全運転管理に必要な情報を一括管理できる。また、表面温度の測定もでき、コロナ対策にも利用可能。アルコール検知器は、半導体センサー方式よりもアルコール検知精度や耐久性の高い電気化学式センサー方式を採用する。

システムを通して取得した情報は、すべて自動的にクラウドやカメラ本体に保存。従来、安全運転管理者が手作業で行っていた記帳は不要となり、法令で定められた測定記録の1年間の保管義務に対応できる。

先行予約価格(税別)はフロアスタンドセットが19万8000円、卓上スタンドセットが18万8000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ログデータのイメージ《画像提供 サイホープロパティーズ》
  • 製品構成《画像提供 サイホープロパティーズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ