ソフトバンク、自動運転で米企業と提携---トヨタも出資

テクノロジー レスポンス

ソフトバンクは6月23日、米国ミシガン州を拠点に北米、日本で自動運転サービスを検証・展開するメイモビリティと5G(第5世代移動通信システム)ネットワークなどを活用した自動運転サービスの早期社会実装に向けて業務提携契約を締結したと発表した。

ソフトバンクは、これまで培ってきた車両通信に関する知見と、メイモビリティの自動運転技術を組み合わせて、日本における自動運転向け次世代ネットワークの実現を目指す。

また、ソフトバンクは、ICT(情報通信技術)とDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する知見を生かして、将来的にソフトバンクが持つ顧客基盤や、グループ会社のMONETテクノロジーズのさまざまなサービスとの連携も視野に、自動運転サービスの早期社会実装を目指す。

メイモビリティはこれまでに米国と日本の公道で31万5000回以上の自動運転の走行実績があり、トヨタ自動車も出資している。自動運転の実用化で利用者の安全性や持続可能性、交通の公平性において最高水準を達成することを目指している。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ