内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

テクノロジー レスポンス

主要なユニットの交換や追加ではない、「音を良くするための“もうひと手間”」を多角的に紹介している当連載。今回は、「メインユニットの内蔵パワーアンプの使い方を変える」という“もうひと手間”を紹介する。

◆「ネットワークモード」で得られる利点は、他社モデルでも享受可能!?

前回は、カロッツェリアの『サイバーナビ』等に搭載されている機能である「ネットワークモード」を活用するという“もうひと手間”を紹介した。なおこれは、メインユニットに内蔵されているパワーアンプの出力すべてを使ってフロント2ウェイスピーカーを鳴らすというものだ。

ただし当モードを有効にするには、スピーカーケーブルの配線方法も変更する必要がある。とはいえその手間をかける意義は大きい。多大な利点を得られるからだ。

利点は2つある。1つは、「スピーカーをより効率的に鳴らせること」だ。メインユニットの内蔵パワーアンプの1chずつでフロント2ウェイの各スピーカーユニットを鳴らせるようになるからだ。そして2つ目の利点は「より緻密なスピーカー制御を行えること」だ。特に「タイムアライメント」機能を各スピーカーごとで設定できるようになることが、大きく音に効く。結果、ステレオイメージの再現性が高くなる。

で、これと同じようなことを他社のメインユニットでも実行できる。その方法の名は、「バイアンプ接続」だ。

なおこれを実行するには、クリアすべき条件が1つある。それは、「パッシブクロスオーバーネットワーク(以下、パッシブ)」が「バイアンプ接続」に対応していること、だ。

◆「バイアンプ接続」では、「パッシブ」にパワーアンプの2ch分の出力を接続!

では、「バイアンプ接続」とは何なのかを説明していこう。これが何なのかをひと言でいうと、以下のとおりだ。「パッシブにて行う、パワーアンプの1chずつをスピーカーユニットの1つ1つに割り当てる接続方法」だ。

ちなみに、「パッシブ」を使う場合の通常の接続方法は次のとおりだ。内蔵パワーアンプのフロントLch出力を左側の「パッシブ」に接続する。そうすると音楽信号が「パッシブ」内で高音と中低音とに分割されるので、「パッシブ」の高音出力端子とツイーターとを接続し、中低音出力端子とミッドウーファーとを接続する。右chでもこれと同様に接続する。

対して「バイアンプ接続」では、以下のような接続方法が取られる。まず、対応「パッシブ」には入力端子が2系統備わっている。1つがツイーター用の入力端子でもう1つがミッドウーファー用の入力端子だ。なので内蔵パワーアンプのフロントLch出力を左側の「パッシブ」のミッドウーファー用の入力端子に接続し、リアLch出力を同じく左側の「パッシブ」のツイーター用の入力端子に接続する。右chでもこれと同じように、フロントRch出力とリアRch出力とを右側の「パッシブ」へと接続する。

ところで「ネットワークモード」では、音楽信号の帯域分割はメインユニット内の「クロスオーバー機能」にて行われる。対して「バイアンプ接続」では、信号のカットは「パッシブ」にて行われる。この点が、「ネットワークモード」と「バイアンプ接続」との大きな違いだ。

◆「バイアンプ接続」では、スピーカーの制御能力も上がる!?

なおこのような違いはあれど、「バイアンプ接続」では「ネットワークモード」とほぼ同様な利点が得られる。まず、「バイアンプ接続」でも内蔵パワーアンプの1chずつで1つのスピーカーユニットを鳴らせるようになるので、各スピーカーを効率的にドライブできる。

そして、もしも「メインユニット」に簡易的な「タイムアライメント機能」が搭載されている場合には、それをより有効に使えるようになる。簡易的な「タイムアライメント」では通常、ツイーターとミッドウーファーの個別制御は行えない。ツイーターとミッドウーファーを“1つのスピーカー”として扱わざるを得ないからだ。

しかし「バイアンプ接続」を行うと、フロントスピーカー用の「タイムアライメント機能」をミッドウーファー用として、リアスピーカー用の同機能をツイーター用として使えるようになる。結果、より詳細に「タイムアライメント」を効かせられ、ステレオイメージの再現性が上がるのだ。

ところで、愛用のスピーカーに付属している「パッシブ」が「バイアンプ接続」に対応していない場合には、対応「パッシブ」をワンオフするという手もある。興味があれば「カーオーディオ・プロショップ」にて相談してみよう。

かくして、「バイアンプ接続」は音に効く。使用しているスピーカーの性能をもう1ランク上げたいと思ったら、この方法があることを思い出すベシ。

今回は以上だ。次回以降も「音を良くするための“もうひと手間”」をさまざま紹介していく。お楽しみに。

  • 太田祥三
  • 「バイアンプ接続」の接続図。Photo by 三菱電機
  • 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(ダイヤトーン・DS-G400)。Photo by 三菱電機
  • 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(ダイヤトーン・DS-G400)。Photo by 三菱電機
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ