4Rエナジー、EV使用済み電池リユース事業を拡充へ…岩崎電気などと提携

業界 レスポンス

フォーアールエナジー(4Rエナジー)は6月23日、三ッ輪ビジネスソリューションズ、岩崎電気と脱炭素社会の実現に向けて連携し、電気自動車(EV)の使用済み電池リユース事業を拡充すると発表した。

提携事業の第1弾として岩崎電気と三ッ輪ビジネスソリューションズが共同開発した「環境対応形無停電電源装置 UPS」を7月1日に販売する。4Rエナジーがリユースする EVの使用済みバッテリーを採用し、従来形UPS製造時に発生していたCO2の排出量を年間約315トン削減できる見込み。

電池のリユースは「品質の見極め」「電池の状態に合わせた最適な用途選定」が重要。EVのバッテリーのリユースビジネスを牽引する4Rエナジーをはじめ、光環境技術を中心に事業展開する岩崎電気、各種エネルギーソリューションの開発・提供を手がける三ッ輪ビジネスソリューションズが企業の垣根を超えて連携する。それぞれの領域での実績に基づいた知見を持ち寄ることで課題を解決し、電池のリユースビジネスの拡大を目指す。

原材料の調達困難、高騰に対してのソリューションとなるほか、製造過程でCO2排出しないリユース電池の普及促進を通じて、脱炭素社会実現にも寄与する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ