後のせ自動運転システム「YADOCAR-iドライブ」…東海クラリオン

テクノロジー レスポンス

東海クラリオンは、用途にあせて車両を選べる自動運転システム「YADOCAR-iドライブ」を6月29日から東京ビッグサイトで開催される「自治体・公共Week2022 第2回スマートシティ推進EXPO」に出展する。

YADOCAR-iドライブは、2人乗りのマイクロEVから8人乗りのマイクロバスなどを手軽にレベル4の完全自動運転へと変えられる「後のせ自動運転システム」だ。過疎化が進む地方都市での移動手段を想定し、既存車に簡単に組み込めるように設計されている。日本独自の測位衛星みちびきやGPSを利用した測位システムに加え、障害物を検知するためのLiDARセンサー、車両の加速度や姿勢などを計測するIMUを搭載し、安全かつ安価なシステムを実現。20km/hでの走行と予め指定されたルートに限定することで、安全な自動運転システムとなっている。

今回の出展では、YADOCAR-iドライブを全国の自治体関係者に向けて情報発信を行うと同時に、交通弱者のためのラストワンマイル輸送の実現に向けて、各自治体がどのような課題を持っているか、また求められるオペレーションのあり方について意見を収集。その課題解決の方法として、同社の自動運転が活用されることを目指していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ