862馬力のスバル『レオーネ』、ヒルクライムに登場…グッドウッド2022

モータースポーツ レスポンス

スバルモータースポーツUSAは6月23日、英国で開幕した「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、1983年製の2代目スバル『レオーネ・ツーリングワゴン』をベースに、最大出力862hpエンジンを搭載した「ファミリー・ハックスター」を初公開した。同フェスティバル名物のヒルクライムに出走している。

◆レオーネに「ツーリングワゴン」の名称を初めて使用

この1台限りのモデルは、SUBARU(スバル)の米国モータースポーツ部門のスバルモータースポーツUSAが、『ジムカーナ』ビデオシリーズに出演するトラビス・パストラーナ選手のために製作したもの。2代目レオーネ・ツーリングワゴンは、現在の『レガシィ・ツーリングワゴン』の原点ともいえるモデルだ。「ツーリングワゴン」の名称を、スバルが初めて使用したのは、この2代目『レオーネ』だった。

レオーネ・ツーリングワゴンは、スバル初の乗用ステーションワゴンとして、1981年に2代目レオーネに追加設定された。現在、スバルの中核技術となっているボクサーエンジン+AWDを、すでにこの当時に採用していた。

パストラーナ選手のためのワンオフモデルのベースとなった北米仕様の「GL」には、排気量1781ccのEA81型水平対向4気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力は73hp/4800rpm、最大トルクは13kgm/2800rpmを獲得していた。

◆ブレーキに連動して立ち上がる可動式フラップ

『ジムカーナ』ビデオシリーズの最新作では、トラビス・パストラーナ選手が、この2代目レオーネ・ツーリングワゴンがベースの専用モデルを操る予定。水平対向4気筒ガソリターボエンジンは最大出力862hpを発生する。ベースエンジンのおよそ12倍のパワーを達成することになる。トランスミッションは6速シーケンシャルを組み合わせた。駆動方式はAWD。

また、このスペックは、前回パストラーナ選手が『Gymkhana 2020』で操った『WRX STI』のワンオフモデルの最大出力862hpに並ぶ数値。このエンジンは、競技仕様となっており、スバルモータースポーツUSAチームのラリークロスプログラム向けをベースにカスタムビルトされたブロックとヘッドが使用され、排気量は2.3リットルとなっていた。

さらに、2代目レオーネ・ツーリングワゴンのワンオフモデルでは、迫力のエクステリアを採用する。前後フェンダーは拡幅されており、フェンダーとつながるサイドスカートを装備した。フロントバンパーとボンネットも専用デザインだ。リアには、アグレッシブなディフューザーを追加。ヨコハマ製のタイヤに、ゴールド仕上げのアルミホイールを組み合わせる。室内には、ロールケージが組み込まれた。前後フェンダーとボンネットの可動式フラップは、ブレーキに連動して立ち上がる仕組みだ。WRC(世界ラリー選手権)スペックのサスペンションは、充分なストロークを備えているという。

◆「命知らずのチャレンジャー」トラビス・パストラーナ選手

トラビス・パストラーナ選手は1983年、米国で生まれた。もともと、2輪のフリースタイルモトクロスの選手だったが、1999年に米国の人気スポーツ番組『X-GAMES』で金メダルを獲得し、一躍有名になった。

2003年から4輪ラリー活動をスタートさせ、2006年にスバルラリーチームUSAに加入した。2008年には、ラリーアメリカで3度目のドライバーズタイトルを決めるなど、現在もスバルモータースポーツUSAで活躍中。命知らずのチャレンジャーとしても知られ、2輪による宙返りなど、さまざまなギネス記録を持っている。

  • 森脇稔
  • スバル GL ワゴン の「ファミリー・ハックスター」(グッドウッド2022)《photo by SUBARU》
  • スバル GL ワゴン の「ファミリー・ハックスター」(グッドウッド2022)《photo by SUBARU》
  • スバル GL ワゴン の「ファミリー・ハックスター」(グッドウッド2022)《photo by SUBARU》
  • スバル GL ワゴン の「ファミリー・ハックスター」《photo by SUBARU》
  • スバル GL ワゴン の「ファミリー・ハックスター」《photo by SUBARU》
  • スバル GL ワゴン の「ファミリー・ハックスター」《photo by SUBARU》
  • スバル GL ワゴン の「ファミリー・ハックスター」《photo by SUBARU》
  • スバル GL ワゴン の「ファミリー・ハックスター」《photo by SUBARU》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ