小糸製作所と米セプトン社、短距離・長距離用LiDAR共同開発…協業関係強化

テクノロジー レスポンス

小糸製作所は6月27日、米国セプトン社との協業関係を強化し、新たに短距離・長距離用LiDARを共同開発すると発表した。

セプトン社はレーザのスキャン方法に独自技術を採用。従来のモーターによる回転ミラー式とは異なり、機械的な摩耗部がなく長寿命かつ耐久性に優れたシンプルな構造で、高い信頼性、量産性、コストの両立が可能となる。また、検知距離、角度分解能といった性能バランスにも優れている。

小糸製作所は、次世代モビリティへの対応として、ADAS搭載車・自動運転車向けLiDARの開発に取り組んでおり、2017年にセプトン社と中距離用LiDARの共同開発を開始した。以降、2020年2月セプトン社株式取得、2022年2月追加出資など、関係を強化し、協業を推進、2023年には中距離用LiDARを実用化する予定だ。

近年、ADAS搭載車・自動運転車(レベル3以上)の技術的進展・普及にて、より高精度で、近傍から遠方までを検知可能なLiDARの必要性が高まっている。小糸製作所は今回、セプトン社と新たに短距離・長距離用LiDARの共同開発で合意した。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ