日野、小型EVトラック『デュトロ Z EV』発売…市街地宅配に最適な超低床モデル

新車 レスポンス

日野自動車は6月28日、物流現場における使い勝手とカーボンフリーを高次元で両立する低床・前輪駆動小型EVトラック『日野デュトロ Z(ズィー) EV』を発売した。

日野デュトロ Z EVは、ラストワンマイルに最適化した新開発EVシャシを採用。従来のエンジンとトランスミッションの代わりにコンパクトなモーターをキャブ下に搭載し、前輪を駆動する。バッテリーを荷台床下のフレームの内側に搭載し、それ以外の電動ユニットはほとんどキャブ下に収め、従来の後輪駆動車では実現困難だった超低床を実現。これにより、荷役作業性や乗降性を大幅に向上し、ドライバーの負担軽減に貢献する。

また、普通免許で運転可能なコンパクトな車体ながら必要な荷室・荷台空間を確保するとともに、EVならではのイージードライブでドライバー人材確保にも貢献する。ゼロエミッションと高い静粛性で周辺環境にも配慮。先進安全技術も装備し、主に市街地での宅配に最適なつくりとなっている。普通充電と急速充電(CHAdeMO方式)に対応し、一充電走行距離(WLTCモード)は150km。

日野デュトロ Z EVは、荷室に直接移動可能なウォークスルーバン型と、用途に応じた荷台を架装できるキャブシャシ型を設定。フルメンテナンスリースでの提供となり、電動商用車および充電器などの周辺機器の導入やエネルギーマネジメントは、日野のグループ会社であるCUBE-LINXが今秋に提供開始予定のソリューションを利用できる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日野デュトロ Z EV(アルミバン:サイド扉付)《写真提供 日野自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ