レッドブル、1100馬力のハイブリッドハイパーカー開発へ…2025年から50台生産

新車 レスポンス

F1参戦中のレッドブル・レーシング傘下のレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズは6月28日、新型ハイパーカー『RB17』を2025年から、50台限定で生産すると発表した。

RB17は、究極のサーキット走行体験を追求する2人乗りのハイパーカーだ。F1をはじめ、モータースポーツから得られたノウハウを生かして、開発を進めている。パワートレインは、V8ハイブリッドで、最大出力は1100hp以上を引き出す。

カーボンコンポジット素材を中心に使用するRB17は、量産車としては最も先進的なグランドエフェクトパッケージを備えているという。RB17のベース価格は500万ポンド(約8億3150万円)。50人のコレクターには、シミュレーターへのアクセス、車両プログラムの開発、サーキットでのトレーニングなどを通じて、レッドブル・レーシングチームと緊密な関係を築く、としている。

  • 森脇稔
  • レッドブルがハイパーカー「RB17」についての発表を行なった。《Photo by Red Bull》
  • RB17は、レッドブルF1マシンの系譜においては“空き番”となっている番号。《Photo by Red Bull》
  • 「空力の鬼才」などの異名をもつF1技術者、エイドリアン・ニューウェイがRB17をつくる。《Photo by Red Bull》
  • レッドブルの2022年型F1マシン「RB18」(カナダGP)。《Photo by Red Bull》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ