ジオテクノロジーズ、ロケーションテック進化に向けクロスロケーションズへ出資

業界 レスポンス

ジオテクノロジーズ(旧インクリメントP)は、位置情報ビッグデータ解析エンジン「ロケーション エンジン」とその機能を使ったクラウド型プラットフォーム「Location AI Platform(LAP)」を提供するクロスロケーションズと資本業務提携を行ったと発表した。

カーナビゲーションやスマートフォンの地図アプリなどにより、人々の生活にとって手軽に利用できる地図情報はなくてはならないものとなった。その結果、携帯端末の位置情報を使うサービスは拡大し、利便性が向上し利用シーンも多様化。それに伴い、「実世界の人の動きの見える化」が可能な「人流データ」の活用もマーケティング利用や店舗開発をはじめ、公共や交通、防災活動など多様で幅広い分野で広がり始めた。

今回の資本業務提携ではジオテクノロジーズがクロスロケーションズ社が発行する新株式の一部を取得。クロスロケーションズが開発・提供しているLAPと関連製品にジオテクノロジーズが保有する最新の地図データ、地図関連技術、人流データを提供・実装し、LAPの機能の高度化、サービスの高品質化を図る。

また両社はそれぞれの技術・知的所有物・経営資源を持ち寄り、新製品の共同開発と提供を行う。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ