トヨタの新型EV『bZ4X』、欧州でもリース販売オプション…「KINTO」通じて

新車 レスポンス

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は6月28日、欧州向けの新型EV『bZ4X』について、サブスクリプションサービスを展開する「KINTO」を通じたリース販売を設定すると発表した。

今回のトヨタの発表は、日本市場でのbZ4Xの導入スタイルと同じものだ。欧州のユーザーに安心してbZ4Xに乗ってもらうために、メンテナンス、ロードサービス、付属品、充電、保険などを含めた月額払いで、bZ4Xをリース方式で販売していく。なお地域(国)によってリースのみ、通常の“売り切り”販売、それらの併用とあつかいは異なる。

米国市場では、bZ4Xは4万2000ドルのベース価格で一般向けに販売される予定だ。

<おわび> 当初、ヨーロッパ全域でKINTOあつかいのみとしましたが、上記の通り地域によって異なります。訂正・再出力いたしました。

  • 森脇稔
  • トヨタ bZ4X(欧州仕様)《photo by Toyota》
  • トヨタ bZ4X(欧州仕様)《photo by Toyota》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ