VW ゴルフなど14万3000台に改善対策…シフトカバーフレームで負傷のおそれ

テクノロジー レスポンス

フォルクスワーゲングループジャパンは6月29日、『ゴルフ』など19車種について、シフトカバーフレームのコーティングが剥がれ、負傷するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは、2013年5月7日から2020年10月22日に輸入された14万3614台。

対象車両は、シフトカバーフレームにおいて、製造時の組付けにかかる圧力により、表面に施されたクロームコーティングに微細な亀裂を生じたものがある。そのため、使用過程における気温・湿度の変化により亀裂が拡大し、コーティングの一部が剥がれるものがある。最悪の場合、当該部位に触れ負傷するおそれがある。

改善措置として、全車両、シフトカバーフレームを対策品と交換する。不具合は422件発生、事故は起きていない。市場からの情報により改善対策を届け出た。

対象車種

ゴルフ 1.2/77kW

ゴルフ 1.4/103kW

ゴルフヴァリアント 1.2/77kW

ゴルフヴァリアント 1.4/103kW

ゴルフ オールトラック 1.8/132kW

ゴルフ GTI/162kW

ゴルフ GTI クラブスポーツ

ゴルフ GTI 2.0/162kW

ゴルフ GTI 2.0/180kW

ゴルフ GTI TCR 2.0/213kW

ゴルフR 2.0/206kW

ゴルフR ヴァリアント 2.0/206kW

ゴルフR 2.0/228kW

ゴルフR ヴァリアント 2.0/228kW

ゴルフ TDI/110kW

ゴルフヴァリアント TDI/110kW

ゴルフ GTE

e-ゴルフ/100kW

  • 纐纈敏也@DAYS
  • VW ゴルフ(2013年)《写真提供 フォルクスワーゲングループジャパン》
  • 対象車種《表提供 国土交通省》
  • 対象車種《表提供 国土交通省》
  • 改善箇所《図版提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ