信頼性重視のモバイルバッテリー、日産 リーフ と同じ電池…地域防災EXPO

業界 レスポンス

6月29日から7月1日まで東京ビッグサイトで開催されている地域防災EXPO(自治体・公共Week 2022)。株式会社モリタのブースでは、大容量で大きな出力にも対応した可搬式電源装置が展示されていた。

『可搬式電源装置With-e』と名付けられたモバイルバッテリーは、3.1kWhの大容量と2.1kVA(瞬間最大出力3.9kVA)と非常に大きな出力に対応した製品。蓄電容量が3.1kWhと言われてもピンと来ない方にわかりやすい使用時間の例を挙げると、ノートPC(30W)なら約82時間、スマートフォンの充電なら約190回、ヘアドライヤーなら約2時間使用できるほどの容量。出力についても、850Wの炊飯器と、1250Wのポットを同時使用できるほど高出力に対応している。IPX3相当の防水性能を有し、充電は家庭用コンセントから行え、使い切った状態から満充電まで約3時間で可能とのこと。重量が約34kgあるため、オプションで2Wayフォールディングハンドトラックも用意されている。

担当者の方にお話をお伺いしたところ、モバイルバッテリーの場合、給電時に騒音や排ガスが出ないことも利点で、エンジン型の発電機が使用できない室内や、避難所などでの仕様にも適している。また本体に内蔵されているリチウムイオン電池は日産リーフと同じものが使用されているそうで、信頼性が高く安心して使用できる。高出力に対応している製品ということで、ハンマドリルやディスクグラインダ、高圧洗浄機など起動電力が約1400W近いものにも対応できるのが利点だ。

  • 関口敬文
  • ラベル下のワイヤリングされたフタを外すと充電口がある。《写真撮影 関口敬文》
  • コンセント部分は2個ある。《写真撮影 関口敬文》
  • キャリーがオプションで用意されているので、持ち運びは簡単にできる。《写真撮影 関口敬文》
  • 個人でも購入は可能とのこと。1泊程度のキャンプで使うなら、電気使い放題も可能かもしれない。《写真撮影 関口敬文》
  • モリタ(地域防災EXPO / 自治体・公共Week 2022)《写真撮影 関口敬文》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ