輸入車最高レベルの低燃費 25.2km/L!ルノー ルーテシア「E-TECH」は329万円から

新車 レスポンス

ルノー・ジャポンは、コンパクトハッチバック『ルーテシア』に、新開発のフルハイブリッドシステム「E-TECH(イーテック)」を搭載したルノー『ルーテシア E-TECHハイブリッド』を追加し、6月30日より発売する。

ルーテシアは、高いデザイン性やドライバー中心に設計されたコックピットなどが世界的に評価された、ルノーを代表するモデルだ。新たに追加された「E-TECHハイブリッド」は、ハイブリッド車(HV)のイメージを覆す爽快な走りとともに、輸入車最高レベルの低燃費25.2km/リットル(WLTCモード)を実現。また、レーンキープアシスト(車線逸脱防止支援)を新たに装備するなど、安全性能も高めている。

ボディカラーはブルーアイロンM、ルージュ フラムM、オランジュバレンシアM、ブラン グラシエ、ノワールエトワールMの5色を設定。価格は329万円、メーカーオプションのレザーパック装着車が344万円。

F1のノウハウを生かした高効率ハイブリッドシステム

E-TECHハイブリッドは、ルノーがF1で培ったノウハウを活用して独自開発。メインモーターであるE-モーターとHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)の2つのモーター、1.6リットル4気筒NAエンジン、電子制御ドッグクラッチマルチモードATで構成する。各ユニットの最高出力と最大トルクはE-モーターが49ps/205Nm、HSGが20ps/50Nm。1.6リットルエンジンは91ps/144Nmを発生する。

1.6リットルエンジンは、アライアンスエンジンの「HR16」をベースに、エンジンマッピング、ピストン、コネクティングロッド、クランクシャフトなどをE-TECHハイブリッド用に開発した。電子制御ドッグクラッチマルチモードATは、モータースポーツの世界で使用されるドッグクラッチを採用した軽量・コンパクトなギヤボックス。モーター側の2つ、エンジン側の4つのギアを組み合わせ、12通りの変速比で動力を効率よく引き出し、ダイレクトかつスムーズなドライブフィールと低燃費を実現する。

E-TECHハイブリッドは、モーターとエンジンを走行状況に応じてもっとも効率良く組み合わせて燃費の向上、排出ガスの削減を達成するとともに、レスポンスの良い快適な走りが楽しめる。発進時は低速域で効率の高いモーターのみで駆動。力強いトルクでスムーズかつレスポンスのよい発進を実現する。中速域ではモーターとエンジンを最適に組み合わせ、素早いレスポンスと息の長い加速が得られる。従来のHVが不得意とした高速域では、巡行時には効率の高いエンジンを積極的に使用し、追越し時にはエンジンをモーターがアシスト。力強い加速を得ることができる。

車が減速する際には、減速エネルギーを回収し、電気に変換して1.2kWh(250V)の駆動用バッテリーを充電する。ブレーキペダルを踏み込むと、回生ブレーキが作動し、減速エネルギーを回収してバッテリーを充電。さらに制動力が必要な場合は、ブレーキパッドを介して「機械的」なブレーキが作動する。ギアポジションをB(ブレーキ)にするとエネルギー回生能力が高まり、より多くのエネルギーを回収可能。市街地走行時には、バッテリーに充電された電気で積極的にモーターのみで走行し、燃費向上に貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ルノー ルーテシア E-TECHハイブリッド《写真提供 ルノー・ジャポン》
  • ルノー ルーテシア E-TECHハイブリッド《写真提供 ルノー・ジャポン》
  • ルノー ルーテシア E-TECHハイブリッド《写真提供 ルノー・ジャポン》
  • ルノー ルーテシア E-TECHハイブリッド インテリア《写真提供 ルノー・ジャポン》
  • ルノー ルーテシア E-TECHハイブリッド インパネ《写真提供 ルノー・ジャポン》
  • ルノー ルーテシア E-TECHハイブリッド シャークアンテナ《写真提供 ルノー・ジャポン》
  • ルノー ルーテシア E-TECHハイブリッド ブラックダッシュボード《写真提供 ルノー・ジャポン》
  • ルノー ルーテシア E-TECHハイブリッド ライトグレーダッシュボード《写真提供 ルノー・ジャポン》
  • ルノー ルーテシア E-TECHハイブリッド ラゲッジ《写真提供 ルノー・ジャポン》
  • ルノー ルーテシア E-TECHハイブリッド 電子制御ドッグクラッチマルチモードAT《写真提供 ルノー・ジャポン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ