エネチェンジ、6kW対応充電器を追加&リニューアル…2027年までに3万台

業界 レスポンス

ENECHANGE(エネチェンジ)は6月29日、電気自動車(EV)充電サービスを「エネチェンジ EV チャージ」にリニューアルするとともに、補助金なども利用して最大300億円を投資して2027年までにEV充電器3万台を設置すると発表した。

同社は2021年11月から「エネチェンジEV充電サービス」を展開してきたが名称を「エネチェンジEVチャージ」へ変更、ブランドロゴも一新した。これまで設置してきた日東工業製Pit2G「モデル1」に加え、新たに補助金対象となる6kW対応の普通充電器「モデル2」をラインナップに追加した。

目的地充電用途で設置されている普通充電器の多くは3kW出力で、従来の倍速とし、限られた滞在時間の中で効率的に充電できるサービスを提供する。

また、4G通信によりクラウドで制御が可能なため、設置場所の制限がなく、どこでもEV充電器を設置できる。専用アプリ「EV チャージ」と組み合わせることで、EV充電スポットの検索から、充電・決済までをワンストップで提供する。

  • レスポンス編集部
  • EV充電器「モデル2」での充電シーン《画像提供 ENECHANGE》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ