三菱 アウトランダーPHEV、サイドアンダーカメラの映像表示できず…保安基準不適合のおそれ

テクノロジー レスポンス

三菱自動車は6月30日、『アウトランダーPHEV』のナビゲーションシステムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2021年12月10日から2022年5月26日に製造された7812台。

対象車両は、ナビゲーションシステムの制御プログラム設定不備により、起動時にシステム内の情報処理が完了せず、再起動を繰り返す場合がある。また、電源変動等によりシステム内の通信が途絶えた場合、復旧処理が行われないためカメラ映像に切り替わらず、黒画面となる場合がある。

現在、保安基準第44条では助手席側前方の視界確認のためにサイドアンダーミラー(直前直左鏡)またはそれに準ずるカメラの設置が義務付けられているが、不具合により、液晶画面にサイドアンダーミラー確認用のカメラ映像が表示されず、保安基準第44条に適合しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ナビゲーションシステムの制御プログラムを対策仕様に書き替える。

不具合は203件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《図版提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ