防災&防犯グッズは軽トラで売りに来る…地域防災EXPOに『GENSAI』

新車 レスポンス

東京ビッグサイトで7月1日まで開催されている地域防災EXPO(自治体・公共 Week)。三和商事株式会社のブースに、軽トラックが展示されている。

この軽トラックは『GENSAI』と名付けられ、減災を目的に、防災グッズの出張販売を行っている販売カーだ。学校や自治体、防災イベントなどに駆けつけ、防災グッズの販売だけでなく、防災用品の説明、備蓄食の試食会、災害時に役に立つロープワークの講習など、防災教育にも力を入れている。三和商事は教育教材、理化学機器、保健衛生用品、防災グッズや備蓄食などを販売する会社だが、災害が多くなってきた昨今の事情をふまえ、少しでも防災意識を高めてもらいたいとの思いから、小学生や中学生を対象にした講習も、消防OBや防災士と一緒に行っている。

ブースでは実際に防災士によるロープワークの実演も行っており、販売カーに積まれた備蓄食や防災グッズについての説明も行ってくれる。また、防災に役立つリュックの展示も行われていた。

『多機能リュック』、『日常防水がうれしい浮くリュック』、『こどもを突然の水害から守るリュック』の3種は、ネーミング通り身を守るために役立つリュックとなっている。担当者の話では、3.11の被害を目の当たりにして、もっと日常的に身を守るようなグッズを作られないだろうかと言う思いから企画がスタートし、試行錯誤を繰り返して出来あがった製品とのこと。

多機能リュックはIPX5相当の防水性能を有し、救命胴衣同等の以上の高浮力を兼ね備えたリュックだ。リュックの中に水を入れると給水タンクとしても使え、下部にはバルブが備わっているためシャワーのように水を出すこともできる。日常防水がうれしい浮くリュックは、多くの女性の声をもとに開発され、普段使いできるようなデザインでありながら、防水性能、水害時には浮きとして使える浮力性能を兼ね備えている。こどもを突然の水害から守るリュックは、リュックのサイドに浮力板が内蔵され、引き出して腹部分に巻き付けるようにベルクロで留めれば、身体が水に浸かっても、立ち泳ぎのように浮いていられるという優れもの。これらの商品は、『BOUSAI FARM』と呼ばれる本社のある千葉県市川市のショップや、東京支社の江戸川区中央のショップでも見ることができる。

  • 関口敬文
  • 備蓄食が多くをしめているが、防災用ヘルメット、簡易型トイレなども用意されていた。《写真撮影 関口敬文》
  • 軽トラックの前には、ローブワークを実演するためのロープが用意されている。《写真撮影 関口敬文》
  • こちらは、『多機能リュック』。ほかにもブラック、オレンジ、イエローなどのカラー展開もある。《写真撮影 関口敬文》
  • 上段左から『日常防水がうれしい浮くリュック』、『多機能リュック』、『こどもを突然の水害から守るリュック』。下段のひとつは日常防水がうれしい浮くリュックのブルーモデル。《写真撮影 関口敬文》
  • 多機能リュックの中に水を入れた状態。完全防水なので中の水も外に漏れ出さないため、このような事ができる。《写真撮影 関口敬文》
  • 下部にはバルブが付いているため、バルブを開けて水を出すことも可能。《写真撮影 関口敬文》
  • 腹の部分まで浮力板を伸ばした状態。これで身長以上に水が押し寄せたとしても、立ち泳ぎ状態で浮いていられる。《写真撮影 関口敬文》
  • ポスターの女の子は、実際に浮いている状態。無駄な力を出す必要が無いため冷静に助けを待つことができる。《写真撮影 関口敬文》
  • こちらは『水没しない災害救助工具セット』。バールやハンマー、ボルトカッター、ペンチ、トラロープなど、災害期救助に役立つ工具が入っており、水に浮くバッグのため水害で浸水があっても見つけやすい。内容物は約10kgあるが、バッグ自体は75kgの人間が浮力に困らないレベルの浮力性能があるのでまったく問題ない。《写真撮影 関口敬文》
  • 工具類なので鉄製のものが多く、普通のバッグだと浸水した現場では確実に沈んだままとなってしまい、工具バッグを見つけられない。《写真撮影 関口敬文》
  • 三和商事(地域防災EXPO / 自治体・公共 Week)《写真撮影 関口敬文》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ