BMW初の本格量産EV『i3』、8年の歴史に幕…ホームラン仕様を発表

新車 レスポンス

BMWは6月30日、EV『i3』の最終モデル、「ホームラン・エディション」を欧州で発表した。BMW初の本格量産EVのi3が、発売から約8年半を経て約25万台を生産し、その歴史に幕を下ろす。

ホームラン・エディションは、『i3s』がベースだ。新色のBMWインディビジュアル塗装仕上げとして、フローズンダークグレーとフローズンレッド2が用意される。足元は、ダブルスポークデザインの20インチアルミホイールで引き締められた。

電動ガラスルーフ、ソーラーコントロールグレージング、アダプティブLEDヘッドライトも装備した。さらに、「Vernasca Dark Truffle」と呼ばれるレザー内装、レザー張りのインストルメントパネル、亜鉛メッキトリム付きレザーステアリングホイール、カルムグレーのルーフライニング、アンビエントライト、ウェルカムライトも装備されている。

  • 森脇稔
  • BMW i3s の「ホームラン・エディション」《photo by BMW》
  • BMW i3s の「ホームラン・エディション」《photo by BMW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ