HKS、汎用ターボに500ps〜1000ps超クラスの5機種を追加…ラインアップ拡充

業界 レスポンス

HKSは、汎用ターボ「GTタービンシリーズ」に、想定出力500ps〜1000ps超クラスの5機種を追加し、ラインアップを拡充する。

今回追加するのは、想定出力1150psの最高峰モデル「GT75115_BB」をはじめ、「GT75100_BB」(1000ps)、「GT6290_BB」(900ps)、「GT5565_BB」(650ps)、「GT4950_BB」(500ps)の5モデル。既存の「GTIII-5R」や「GTIII-4R」、「GT II シンメトリーシリーズ」などのラインアップを補完する。

新製品は従来モデルと比較して、コンプレッサ/ターボの両ホイールは小径ながら、大風量を過給できる。TO4Zから受け継ぎ、GTIII-4R、5Rで進化したポーテッドシュラウドのデザインを継承。吸気の循環通路を穴で成形することで、入口径が広いベルマウス形状として、サクションパイプから段差なく吸気を吸い込めるようにした。また、“51サウンド”ともいわれるターボの吸気音が聞こえやすい構造としている。

コンプレッサハウジングの表面は、特殊な高耐食性マットブラックコーティング処理をすることで、経年変化によるアルミの腐食を抑止。また、シャンパンゴールドのアルマイト仕上げのポーテッドシュラウドと合わせて外観を統一している。ターボハウジングはステンレス鋼製でVバンドタイプ。 サーキット周回走行にビッグシングルを使用するユーザーにもお勧めだ。

GT75115_BB

想定出力:1150ps

想定エンジン:RB26(2.8L)/2JZ(3.4L)

価格(税別):57万6000円

1000psオーバー狙い。高ブーストを想定し、コンプレッサ出口接続をVバンドとしている。

GT75110_BB

想定出力:1100ps

想定エンジン:RB26(2.8L)/2JZ(3.4L)

価格(税別):54万2000円

1000ps狙い。T51R SPL.BBと同等の立ち上がりで高回転時の伸びをプラスした特性。

GT6290_BB

想定出力:900ps

想定エンジン:RB26(2.8L)/2JZ(3.4L)

価格(税別):45万円

GTIII-4RとGTIII-5Rの中間の過給特性。4Rに対し、インターセプト回転数は高回転側にシフトするが、高回転時のタレがなく最大出力が向上。

GT5565_BB

想定出力:650ps

想定エンジン:RB26(2.8L)※ツインで使用/SR20(2.2L)/4G63(2.3L)

価格(税別):37万3000円

GT3037+αの500psオーバー狙いに。

GT4950_BB

想定出力:500ps

想定エンジン:RB26(2.8L)※ツインで使用/SR20/EJ20/G16E/VR38(シンメトリー)

価格(税別):36万3000円

GTIII-RSからのアップグレード等で500ps狙いに。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ベルマウス形状のポーテッドシュラウド《写真提供 HKS》
  • HKS GTタービン GT75110_BB《写真提供 HKS》
  • HKS GTタービン GT6290_BB《写真提供 HKS》
  • HKS GTタービン GT5565_BB《写真提供 HKS》
  • HKS GTタービン GT4950_BB《写真提供 HKS》
  • コンプレッサーマップ《グラフ提供 HKS》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ