【BMW 7シリーズ 新型】初のEV『i7』をラインアップ、価格は1670万円

新車 レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、最高峰ラグジュアリーセダン『7シリーズ』新型を7月1日より発売する。

7代目となる7シリーズ新型では、半世紀に渡る歴史の中で初めて電気自動車(EV)『i7』をラインアップする。i7は卓越したドライビング性能とインテリアの快適性を最大限に追求し、サスティナビリティとの両立を実現したモデル。満充電にて約600kmを走行できる。

i7のほか、ガソリンエンジン搭載の『740i』、ディーゼルエンジン搭載の『740d』をラインアップ。それぞれにスポーツ志向の「Mスポーツ」と高級感のある「エクセレンス」の2グレードを展開し、合計6モデルを発売する。価格はi7が1670万円、740iが1490万円、740dが1460万円。グレードによる価格差はない。納車は2022年第4四半期を予定している。

◆i7の航続距離は約600km

i7は前輪・後輪に電気モーターを各1基搭載する4輪駆動モデル。最高出力は前輪が258ps、後輪が313ps、システムトータルで最高出力は544ps/最大トルクは745Nmを発生する。0-100km/h加速は4.7秒。総エネルギー量101.7kWhのリチウムイオンバッテリーをボディ床下に収納し、一充電での走行可能距離は約600kmとなっている。

最新の充電テクノロジーを採用し、普通充電と急速充電(CHAdeMO)に対応。普通充電の場合、自宅で6.4kWのBMWウォールボックス(200V/32A)を利用して、約17時間で0%から100%まで充電できる。急速充電(CHAdeMO)の場合、現在主流の90kW充電器を使えば約60分で0%の状態から約80%までの充電が完了。また、10分の急速充電で最大約80km程度の航続可能距離を伸ばすことができる。さらにBMWディーラーにも設置予定の150kW急速充電器を利用すれば、約50分で0%から約80%までの充電が完了。10分の急速充電で、最大約130km程度の航続可能距離を延ばすことができる。

740iは、最高出力380ps/最大トルク520Nmを発生する最新型3.0リットル直列6気筒直噴ターボガソリンエンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせ、システムトータルでは最高出力381ps/最大トルク540Nmを発揮。高効率な8速ATとの組み合わせによりダイナミックな走りを実現する。

740dは、最高出力286ps/最大トルク650Nmを発揮する最新型3.0リットル直列6気筒直噴ターボディーゼルエンジンに8速AT、4輪駆動システム「xDrive」、さらには48Vマイルドハイブリッドシステムが組み合わせ、システムトータルの最高出力は300ps、最大トルク670Nmを発揮する。

◆最新テクノロジーで新次元の快適性を実現

7シリーズ新型は全車、「オートマチックセルフレベリングコントロール付きアダプティブ2アクスルエアサスペンション」と「電子制御ダンパー付きアダプティブサスペンション」を標準装備する。サスペンションへのエア供給をホイールごとに個別調整し、不均衡な積載状態を補正。あらゆる速度域で常に最適な車高を提供し、快適で安全なハンドリングを実現する。

また、卓越性とハンドリング快適性を高める電動パワーステアリング「インテグレイテッドアクティブステアリング」、アンチロールスタビライザーを最適化し、俊敏性、ハンドリング精度を向上させる「エグゼクティブドライブプロ」、直進走行時の快適性向上に寄与する「アクティブロールスタビライザー」などを装備。さらに7シリーズ新型では、「アクティブ・ロール・コンフォート機能」を初採用。路面片側の起伏によるボディロールを軽減するだけでなく、同時に該当する側の車高をアクティブに適合させるなど、最新テクノロジーにより、新しい次元の走行快適性と長距離ドライブの快適性を実現している。

◆光るキドニーグリルと上下2分割ヘッドライト

フロントデザインでは、大型キドニーグリルと、上下2分割デザインのヘッドライトが印象的。上側にはスワロフスキーのクリスタルをあしらい、夜間にはキドニーグリルの縁を点灯させ、BMWのラグジュアリーセダンであることを主張する。

ボディサイズは全長5391×全幅1950×全高1544mm。全モデルをロングホイールベース仕様とすることで、優雅で伸びやかなサイドデザインとし、後席の居住性能を向上。ドアハンドルをドアパネルに内蔵することで、空気抵抗を低減するとともに、すっきりとしたデザインとしている。

リヤデザインはBMW伝統の水平基調とL字型リヤコンビネーションライト、さらにエンジン搭載モデルではテールパイプをリヤバンパー内とすることで、洗練されたイメージとしている。

◆8K対応31インチBMWシアタースクリーンを初採用

コクピットでは、巨大なカーブドディスプレイが圧倒的な存在感を放つ。12.3インチのメーターパネルと、14.9インチのコントロールディスプレイを一体化させ、ドライバーに向けて湾曲させることで視認性を向上。コクピット周りは最低限のスイッチ類のみとし、クリスタルを多用することで、すっきりとさせ高級感を印象付けている。

また、先代モデルに比べ約40%ガラス面積を増やしたパノラマガラスサンルーフを標準装備。さらにスカイルーフをオプション装備することで陽光をたっぷり取り込むことができるほか、夜間は内蔵LEDにより幻想的な車室内とすることができる。左右のリアドアには、それぞれ、スマートフォンを操作する感覚で、様々な設定が可能なタッチパネルを装備。機能的かつ未来感溢れる後席となっている。

さらに、圧倒的なシアター体験を車内で実現するFire TV搭載の「BMWシアタースクリーン」を初採用。8K対応の31インチのタッチスクリーンディスプレイ、B&Wサラウンドサウンドシステム、シート内サブウーファー(オプション)、ドアのコントロールパネル、さらにBMWシアタースクリーンがオンになると自動で後部座席のシェードが閉じるシステムなどを搭載する。BMWシアタースクリーンでは、各種コンテンツを4K/UHDの解像度で視聴可能。ストリーミング動画の再生、ゲームや音楽鑑賞、ダウンロードした番組の視聴などを楽しむことができる。

また、オプションの「エグゼクティブラウンドシート」を装備することで、リアの居住性は格段に向上。下肢部クッションが座面と一体となった究極のリラックスシートを装備し、リアシートのリクライニング角度42°を実現。BMWシアタースクリーンとあいまって、究極のラグジュアリードライビング体験を提供する。

◆自宅や勤務先での完全自動駐車を実現

7シリーズ新型は、ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能を搭載。一定の条件下にて、ステアリングから手を離しての走行が可能となっている。また、高性能3眼カメラ&レーダーおよび高性能プロセッサーによる高い解析能力の最先端運転支援システムを標準装備。アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)や衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、ペダル踏み間違い急発進抑制機能などを標準装備する。

標準装備となるパーキングアシスタントは、直前に前進したルートをバックで正確に戻ることができるリバースアシスト機能を採用する。加えて、駐車時にステアリング、アクセル、ブレーキ操作が一切不要な「パーキングサポートプロフェッショナル」を標準装備。自宅駐車場、勤務先駐車場を車両に登録しておくことで、駐車スペースが近づくと、車両が自動で検知し、検知後は、完全自動駐車が可能となる。

コネクティビティでは、「OK, BMW」と話し掛けることで、車両の操作、目的地の設定等が可能。Apple CarPlayやSpotifyへの対応、BMWコネクテッドドライブ標準装備により、スマートフォンで事前に検索した目的地を車両に送信するなど、利便性を高めている。対応のスマートフォンやスマートウォッチを携行していれば、車両に近づくだけでロック解除が可能。さらに車室内にロック解除に使用したデバイスがあるだけで、エンジンの始動もできる。また、7シリーズ新型では、すべてのドアを車外・車内から全自動で開閉可能。センサー内臓により、狭いスペースでは、適切なドア開度を保持することもできる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • BMW i7《写真提供 ビー・エム・ダブリュー》
  • BMW 760i《写真提供 ビー・エム・ダブリュー》
  • BMW 760i《写真提供 ビー・エム・ダブリュー》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ