ブラバス、メルセデスベンツ Cワゴン 新型のディーゼルをチューン…310馬力に強化

新車 レスポンス

ブラバス(BRABUS)は6月30日、新型メルセデスベンツ『Cクラス ステーションワゴン』のカスタマイズプログラムを欧州で発表した。ディーゼルエンジン搭載車は、ブラバス『D30』と名付けている。

BRABUSフロントフラップやLEDロケーターライト付きのBRABUSフロントスカートインサートを採用した。リアには、ブラッククローム仕上げのBRABUSエキゾーストチップが付く。足元には、BRABUSモノブロックZ「プラチナエディション」鍛造ホイールを装着している。

ベース車両はディーゼルエンジン搭載の「C300 d」グレードで、コンピュータを中心にチューニングした。2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジンは、最大出力が265hpから310hpに45hp向上。最大トルクは56.1kgmから61.2gmへ、5.1kgm引き上げられた。0〜100 km/h加速5.6秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を実現している。

  • 森脇稔
  • ブラバス D30(メルセデスベンツ Cクラス・ステーションワゴン 新型ベース)《photo by BRABUS》
  • ブラバス D30(メルセデスベンツ Cクラス・ステーションワゴン 新型ベース)《photo by BRABUS》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ