シトロエン C3エアクロスSUV、クリーンディーゼル搭載モデルを追加

新車 レスポンス

ステランティスジャパンは、シトロエンのコンパクトSUV『C3エアクロスSUV』に、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルを追加導入し、7月1日より販売を開始した。

C3エアクロスSUVは、大胆で力強いデザインと、シトロエンならではのコンフォート性能を兼ね備えたコンパクトSUV。昨年11月の導入以来、個性的なデザインやクラスを超えた室内空間、優れたユーティリティで人気を博している。

今回、これまで導入している1.2リットル「PureTech」ガソリンターボエンジンに加えて、クリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」を追加導入する。最高出力120ps、最大トルクは300Nmを発揮。低速域から沸き起こる力強いトルクが生む爽快な加速性能に加え、高回転域でもパワーとレスポンスの良さを発揮し、ガソリンエンジンに近いドライブフィールを提供する。また、高いクリーン性能とともに、高効率6速ATとの組み合わせで21.3km/リットル(WLTCモード)の低燃費を実現する。

グレード構成は、パノラミックサンルーフ、HiFiスピーカー、グリップコントロールなどを装備した上級仕様の「シャインパックBlueHDi」と、16インチホイールを装備したベーシックモデルの「シャインBlueHDi」の2種類を設定。価格はシャインパックが355万4000円、シャインが329万2000円。

さらに、クリーンディーゼルエンジンモデル導入を記念して、グレーレザーシートやグレーテップレザーダッシュボードなどを採用し上質なインテリアに仕立てた特別仕様車『C3エアクロスSUV BlueHDi デビューエディション』を用意する。シートの背面と座面をツートーンカラーにし、さらに軽やかな模様も施したほか、ダッシュボードにもグレーのテップレザーを採用。シトロエンの空間をエレガントに演出している。価格は361万5000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • シトロエン C3エアクロスSUV《写真提供 ステランティスジャパン》
  • シトロエン C3エアクロスSUV《写真提供 ステランティスジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ