EVモーターズ・ジャパンと伊予鉄グループが提携…EVバス導入や販売・サービスで

エコカー レスポンス

伊予鉄グループは6月29日、電気自動車(EV)ファブレスのEVモーターズ・ジャパンと提携、バス車両のEV導入で協力していくと発表した。

伊予鉄はパートナーシップを強固にするため、EVモーターズ・ジャパンに出資する。また、伊予鉄バスが2022年度中に大型路線バスを1台導入する予定で、2023年度以降も継続して発注する。

両社はカーボンニュートラル実現に向けて協力する。具体的には伊予鉄グループのバスのEV化を進めるほか、EVモーターズ・ジャパンが取り扱うEVの販売とメンテナンスに伊予鉄グループが協力し、EVの普及を促進していく。

EVモーターズ・ジャパンは2019年に創業したEVスタートアップ企業で、バス・トラック・特殊車両のEVや充電ステーションの販売、メンテナンスを手がけている。

  • レスポンス編集部
  • EVモータース・ジャパンの大型路線バス《画像提供 EVモーターズ》
  • EVモータース・ジャパンの大型路線バス《画像提供 EVモーターズ》
  • EVモータース・ジャパンのコミュニティバス《画像提供 EVモーターズ》
  • EVモータース・ジャパンのコミュニティバス《画像提供 EVモーターズ》
  • EVモータース・ジャパンのコミュニティバス《画像提供 EVモーターズ》
  • EVモータース・ジャパン《写真提供 伊予鉄グループ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ