エネチェンジEV充電サービス、三菱オートリースの法人顧客へ導入推進

業界 レスポンス

エネチェンジは6月29日、三菱オートリースと「エネチェンジEV充電サービス」の販売パートナー契約を締結したと発表した。これにより、三菱オートリースの法人顧客を対象に、EV充電設備の導入を進めていく。

日本政府は、2035年までに乗用車新車販売における電動車の比率を100%とする目標を掲げており、電気自動車(EV)の普及が見込まれている。 国内におけるリース車両は、2022年3月末時点で約400万台あり、今後EVの普及に伴い充電設備に関する顧客ニーズも高まっていくことが予想される。

エネチェンジEV充電サービスは、駐車スペースを持つ人に、最小限のコストでEV普通充電器(6kW出力の倍速充電対応)の設置を可能にしたパッケージ。初期費用0円、月額利用料9800円をはじめ、さまざまな料金プランを用意する。EVドライバー向けにはエネチェンジEV充電アプリを提供。専用アプリを利用することで月額費用不要で、いつでも誰でも好きな時に、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)の充電ができる。

法人企業が事業所にEV充電器を設置する場合、社有車を無料で充電できるようにする一方で、従業員の自家用車、来客者のEV車両は有料で充電できるようにしたいという課題がある。エネチェンジEV充電サービスでは、パブリック充電、プライベート充電、それぞれで無料・有料と設定できるため、1日を通してEV充電器を有効活用でき、社有車の充電利用状況管理も行うことができる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • エネチェンジEV充電アプリ《写真提供 エネチェンジ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ