高速道路DXアイデアコンテスト…最優秀賞は「画像3D化」と「疲労察知」

業界 レスポンス

NEXCO中日本は「高速道路DXアイデアコンテスト」を開催、6月30日に受賞作品を発表した。最優秀賞は、アプリケーション部門が「橋脚保守点検における高精細・低コストな3D記録」、アイデア部門が「アプリを活用し疲労要因の事故を低減」。

NEXCO中日本は、次世代技術を活用した高速道路保全マネジメント=「i-MOVEMENT」の実現に向けて、オープンイノベーションを推進する組織「イノベーション交流会」をコンソーシアム方式により2019年に設立し、高速道路での実用化に取り組んでいる。

幅広いアイデアを取り込む一環としてイノベーション交流会では、スタートアップ企業などからアイデアを募集し「高速道路DXアイデアコンテスト」を開催した。募集部門は2部門あり、アプリケーション部門のテーマは、本コンテストでの提供データを1種類以上用いたアプリケーション、アイデア部門は構想段階のアイデアとなる。募集期間は2月1日〜5月27日。プレゼンテーション審査の結果、受賞作品が決定した。

◆アプリケーション部門・最優秀賞

作品名:橋脚保守点検業務における高精細・低コストな3D記録

会社名:電駆ビジョン株式会社

副賞:100万円、イノベーション交流会会員費免除(初年度分)

作品概要:電駆ビジョンが開発したウェブサイト3Dキャプチャアプリ「Points3D」を活用し、構造物点検業務での画像記録を、デジタルカメラやスマートフォンなど安価なデバイスで撮影し、ウェブサイト上で容易に短時間で3D化できる。URLで既存の橋梁台帳データと連携させることも容易。

審査講評:本作品は、高速道路事業での活用シーンの具体性と、アイデアの独自性が高い。NEXCO中日本では道路構造物の3Dデータの取得や整備を進めており、本作品の技術は活用へのハードルを下げる点で興味深い。今後は高速道路の実フィールドにおいて本アプリを実証し、改良することを期待する。

◆アイデア部門・最優秀賞

作品名:「見えまストレス」アプリを活用し疲労要因の交通事故低減をめざす

会社名:株式会社見えまストレス

副賞:20万円、イノベーション交流会会員費免除(初年度分)

作品概要:ドライバーが、高速道路に乗る前/乗った後(休憩時)/降りた後のストレス状況をアプリケーションで蓄積し、「適切なタイミングでの休息」を促し、疲労要因の注意力低下に伴う交通事故の低減をめざす。

審査講評:本作品は、高速道路事業での活用シーンの具体性と、「スマートSA/PA」としてだけでなく、交通事故の削減にもつながる課題解決への貢献度が高い。他のアプリとの連携などカスタマイズ性もあり、活用の幅が広い。引き続き、事故の発生要因を掘り下げ、さらに効果的な活用方法を検討してほしい。

  • 高木啓
  • 高速道路DXアイデアコンテスト:アプリケーション部門・最優秀賞《画像提供 NEXCO中日本》
  • 高速道路DXアイデアコンテスト:アプリケーション部門・最優秀賞《画像提供 NEXCO中日本》
  • 高速道路DXアイデアコンテスト:アイデア部門・最優秀賞《画像提供 NEXCO中日本》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ