トヨタ米国販売19%減、『GR 86』は6倍の伸び 2022年上半期

業界 レスポンス

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門の米国トヨタ販売は7月1日、2022年上半期(1〜6月)の新車販売の結果を発表した。総販売台数は104万5697台。前年同期比は19.1%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。

全販売台数104万5697台のうち、トヨタブランドは91万4609台。前年同期比は19.4%減と後退した。その内訳は、乗用車が29万1310台で、前年同期比は25.2%減と2年ぶりに減少した。SUVなどのライトトラックは62万3299台。前年同期比は16.3%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。

トヨタブランドの乗用車系では、ベストセラー乗用車の『カムリ』が13万5925台を販売した。前年同期比は23.5%減と2年ぶりに減少した。『カローラ』は、24.9%減の11万6832台と後退した。『プリウス』は47.9%減の2万0214台と、2年ぶりに減少している。

スポーツカーでは、『スープラ』が前年同期比41%減の2684台と後退した。一方、『GR86』 は6177台を売り上げ、前年同期のおよそ6倍の伸びを見せた。

トヨタブランドのライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、主力の『RAV4』が20万0885台を売り上げ、前年同期比は9.2%減と3年ぶりのマイナス。中型SUVの『ハイランダー』も、18.7%減の11万7403台と後退した。『C-HR』は、62.9%減の9080台と2年ぶりに減少。『ランドクルーザー』は、98.9%減の39台と後退している。

大型ピックアップトラックの『タンドラ』は、前年同期比1.0%増の4万4316台と、新型効果で4年ぶりの前年超え。中型ピックアップトラックの『タコマ』は、22%減の10万8648台と2年ぶりに前年実績を下回った。

トヨタ自動車の2021年の米国新車販売台数は233万2262台。前年比は10.4%増と、6年ぶりに前年実績を上回っている。

  • 森脇稔
  • トヨタ・タンドラ 新型(北米仕様)《photo by Toyota》
  • トヨタ RAV4(北米仕様)《photo by Toyota》
  • トヨタ・ハイランダー (北米仕様)《photo by Toyota》
  • トヨタ・カローラクロス(北米仕様)《photo by Toyota》
  • トヨタ GR スープラ (北米仕様)《photo by Toyota》
  • トヨタ・タコマ(北米仕様)《photo by Toyota》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ