アキュラ米国販売、NSX が「タイプS」効果で5%増 2022年上半期

業界 レスポンス

ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラ(Acura)は7月2日、2022年上半期(1〜6月)の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数は5万2860台。前年同期比は40.2%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。

全販売台数5万2860台の内訳は、乗用車が1万5011 台で、前年同期比は37.2%減と2年ぶりのマイナス。SUVは3万7849台を売り上げ、前年同期比は41.3%減と2年ぶりに前年実績を下回った。

セダン系では、スポーツセダンの『TLX』が、7122台を販売。前年同期比は53.8%減とマイナスに転じる。『ILX』は6267台を売り上げ、前年同期比は23.9%減と後退した。最上位車の『RLX』(日本名:ホンダ『レジェンド』に相当)は、米国での販売を終了している。

SUVでは、ミドルクラスの『MDX』が、前年同期比35.8%減の2万3610台と後退した。コンパクトクラスの『RDX』は1万4239台。前年同期比は48.6%減とマイナスに転じた。

スポーツカーでは、『NSX』が123台を販売した。現行型の最終モデルの「タイプS」の効果で、前年同期比は5.0%増と回復している。

アキュラの2021年の米国新車販売台数は15万7408台。前年比は14.9%増と、3年ぶりに前年実績を上回った。

  • 森脇稔
  • アキュラ MDX 新型(北米仕様)《photo by Acura》
  • アキュラ RDX 改良新型(北米仕様)《photo by Acura》
  • アキュラ TLX (北米仕様)《photo by Acura》
  • アキュラ ILX(北米仕様)《photo by Acura》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ