新車販売総合ランキング、N-BOX首位奪還…ヤリスは3割減で2位転落 2022年上半期車名別

業界 レスポンス

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は7月6日、2022年上半期(1〜6月)の車名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が2年ぶりのトップに返り咲いた。

N-BOXは前年同期比6.0%減ながら10万3948台とコロナ禍や半導体不足で新車販売が伸び悩む中、好調を維持した。一方、昨年初の首位に立ったトヨタ『ヤリス』は同31.5%減の8万1580台と3割を超す大幅減。首位N-BOXとの差は2万2368台と大きく開いた。

3位は7万0988台を販売したトヨタ『カローラ』。以下、トヨタ『ルーミー』(6万5525台)、日産『ノート』(5万6948台)が続いた。

ランキング上位10台に占める軽自動車は4車種で、昨年より1車種減少した。

2022年上半期の新車販売台数ランキング

1位[2位]:ホンダN-BOX 10万3948台(6.0%減・2年ぶり減)

2位[1位]:トヨタ・ヤリス 8万1580台(31.5%減)

3位[8位]:トヨタ・カローラ 7万0988台(31.8%増・2年ぶり増)

4位[4位]:トヨタ・ルーミー 6万5525台(15.4%減・2年ぶり減)

5位[12位]:日産ノート 5万6948台(21.5%増・2年連続増)

6位[3位]:スズキ・スペーシア 4万7675台(39.4%減・2年ぶり減)

7位[11位]:トヨタ・ライズ 4万5380台(5.4%減)

8位[5位]:ダイハツ・タント 4万4188台(36.2%減・2年ぶり減)

9位[18位]:ホンダ・フリード 4万3827台(23.3%増・3年ぶり増)

10位[6位]:ダイハツ・ムーヴ 4万2498台(26.4%減・2年ぶり減)

※[]内は前年順位、()内は前年比。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ ヤリス《写真 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ