オーナーの運転に合わせてクルマが「進化」、トヨタとKINTOが実証開始

テクノロジー レスポンス

トヨタ自動車とKINTOは7月7日、オーナー一人ひとりの運転をオンラインで診断し、その結果に応じてクルマを「進化」させるメニューを提案していく取り組みを開始すると発表した。

トヨタとKINTOは、使用中のクルマに技術革新や経年劣化に合わせてソフトウェア・ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映することで、最新の状態に「進化」させるサービス「KINTO FACTORY」を2022年1月より始めている。こうした「進化」を、すべてのオーナーに一律ではなく、一人ひとりに合わせて提供していくため、運転の特徴や個性をオンラインで診断し、その結果に応じて、「KINTO FACTORY」の「進化」のメニューをオーナーごとに提案していく取り組みに初めて挑戦することを決めた。

両社はこの挑戦の実現に向けて、7月8日より実証を始める。具体的には『アルファード』および『ヴェルファイア』オーナーに協力を呼びかけ、コネクティッドサービス「T-Connect」を通じて、アクセルやブレーキ、ステアリングの操作やそれにかかる時間など、過去の運転のデータを収集し、特徴や個性を数値化。現状の運転に対する評価とアドバイスをまとめた診断結果「ドライブチェックレポート」をオンラインでオーナーに送り、結果に応じて「進化」のメニューを提案していく。

両社は実証に参加するアルファード/ヴェルファイアのオーナー100名を募集する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • KINTO FACTORYの利用イメージ《写真提供 KINTO》
  • KINTO FACTORY(ロゴ)《写真提供 KINTO》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ