コミュニティバス専用スタッドレス「M937」発売、通年使用を考慮…トーヨータイヤ

業界 レスポンス

TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、コミュニティバス専用スタッドレスタイヤ「M937」を9月1日より国内市場で発売する。

コミュニティバスは、公共交通機関の未整備地域における新たな移動手段としての運用や、大型路線バスの通行が困難な区間などにおける交通ネットワークの補完といった目的で地方自治体や大手バス事業者が導入。国土交通省の調査では、導入事例数は2009年から10年間で約1.5倍増加している。

コミュニティバスは一般の路線バスに比べて、低速での発進や右左折も多く、タイヤの偏摩耗や摩耗促進による早期交換の課題を抱えているバス事業者も多い。また、降雪が少ない地域でも突然の積雪に備え、スタッドレスタイヤを装着するバス事業者が増加。2種類のタイヤを準備するコストのほか、交換作業や保管などのメンテナンスも課題となっている。

今回発売するM937は、通年での使用を考慮して開発したコミュニティバス専用スタッドレスタイヤ。ワイドトレッド化で広い接地面を確保するとともに、高剛性大型ブロックによりタイヤにかかる負荷を分散させてゴムの過度な動きを抑制している。この結果、摩耗ライフが同社従来品(M935)比で38%向上した。また、縦方向に刻まれた溝の幅を広げることで、雪が目詰まりすることを防ぐとともに、サイプと呼ばれる細かい溝をトレッド面のブロックに高密度で配置することで、積雪や凍結した路面における走行性能を確保した。

発売サイズは205/80R17.5の1サイズ。価格はオープン。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • パターン設計《画像提供 TOYO TIRE》
  • 耐摩耗性能《図版提供 TOYO TIRE》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ