パナソニック、都市開発にソリューション提供…2025年万博など控えた関西で

業界 レスポンス

パナソニックグループは7月7日、2025年の大阪・関西万博、2030年の未来型都市「大阪スーパーシティ」などの関西活性化に向けて、関西地区で多くの展開が見込まれる大規模都市開発にソリューションを提供するため「関西25・30プロジェクト」を始動すると発表した。

プロジェクトは、2025年の大阪・関西万博などを見据え、パナソニックグループが関西企業の一員として、グループ全体で横断的に新規ビジネスやソリューションの創出を目指すもの。自動配送ロボットなどを提供する。

テーマは「歓彩共創」。関西初のサスティナブル・スマートタウンとなる「Suita サスティナブル・スマートタウン」(大阪府吹田市)と、大阪府・大阪市のスーパーシティ型国家戦略特区に指定された「夢洲」、「うめきた2期」の2つのグリーンフィールド、大阪・関西万博や万博跡地周辺を対象に先進的なソリューションを展開する。

パナソニックグループは、プロジェクトを通じて、関西地区の活性化につなげるとともに、世界全体の課題である地球環境問題解決、心身の健康と幸福な状態であるウェルビーイングな社会の実現を目指してグループ一丸となって取り組むとしている。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ