V2X通信…ホンダのテストコースに5.9GHz帯実験試験局 ソフトバンク

テクノロジー レスポンス

ソフトバンクは、セルラーV2X通信システムとして国際的な割り当てが検討されている5.9GHz帯の周波数の実験試験局免許を取得し、ホンダの鷹栖プルービンググラウンド(北海道)においてセルラーV2X直接通信の検証環境を構築する。7月8日に発表した。

テストコースでの検証向けに5.9GHz帯の免許を取得したのは国内の通信事業者で初めて。今後、テストコースでコネクテッドカーの技術検証を実施する。

ソフトバンクはこれまで、コネクテッドカーの技術検証を進めてきたが、今後は国際的に割り当てが検討されている、5.9GHz帯の周波数によるセルラーV2X直接通信の技術検証を進める。国内でセルラーV2Xの普及を推進していく構え。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ