ダイハツ ウェイク 生産終了へ…視界と荷室を追求、1代限り

業界 レスポンス

ダイハツ工業は軽自動車『ウェイク』の生産を終了する。公式ウェブサイトで明らかにした。生産終了は8月11日を予定、以後、販売店での在庫がなくなりしだい販売を終了する。

ウェイクは2014年11月に登場したワンボックス軽自動車だ。もっと軽自動車にできることとして「視界の良さ」と「荷室の広さ」を追求した。全高1835mmは『タント』よりも高い。ドライバーのアイポイントの高さは1387mm、室内空間高さは1835mmあり、それぞれ「ファインビジョン」、「ウルトラスペース」を標榜した。日常用途はもちろんレジャー用途まで、多用途に使える新ジャンルの軽自動車をめざし開発された。

発売後最初のフル年度となった2015年度は年間3万7350台、月平均3113台を販売したが、2021年度は1万3707台、月平均1142台と、約3分の1になっていた。直近6か月は累計6625台で月平均1104台、6月は1057台だった。

ダイハツにおけるウェイクの市場は当面、タントと、2021年末のフルモデルチェンジ以来販売が好調な『アトレー』が引き継ぐ模様。

  • 高木啓
  • ダイハツ・ウェイク《写真提供 ダイハツ工業》
  • ダイハツ・ウェイク《写真提供 ダイハツ工業》
  • ダイハツ・ウェイク《写真提供 ダイハツ工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ