アルファロメオの新型SUV『トナーレ』、ディーゼルの受注を開始…イタリア

新車 レスポンス

アルファロメオは7月14日、新型SUV『トナーレ』(Alfa Romeo Tonale)のディーゼルエンジン搭載車の受注を、イタリア本国で開始した、と発表した。

◆「アルファロメオ・エレクトロニック・セルフロッキング・ディファレンシャル」を標準装備

このディーゼルエンジンは、1.6リットルの直列4気筒で、最大出力130hp、最大トルク32.6kgmを引き出す。トランスミッションは、6速デュアルクラッチの「アルファロメオTCT」。駆動方式はFFとなる。

ディーゼルエンジン搭載車には、「アルファロメオ・エレクトロニック・セルフロッキング・ディファレンシャル」を標準装備する。このメカニズムは、スムーズな運転体験のためのトラクションを確保するもので、俊敏性とスポーティなキャラクターを強調し、安全性の面でもプラスの効果があるという。

ドライビングセレクターの「Alfa D.N.A.」に組み込まれたこのシステムは、機械式リミテッドディファレンシャルの作動をシミュレートすることにより、コーナリングを支援する。具体的には、マクファーソンフロントサスペンションと組み合わせることで、車両の安定性を制御し、コーナーでの加速時に各ホイールに対してパワーを再配分することで、スポーティなドライビングダイナミクスの実現を狙う。このシステムは、コーナー内側のホイールから外側にトルクを配分するため、滑りやすい路面において、高いコントロール性能を発揮する。さらに、アンダーステアを抑制し、前後方向の加速を支援し、より高いロードホールディング性能を可能にする、と自負する。

◆インテグレーテッド・ブレーキ・システム

トナーレは、ドライビングダイナミクスの面で、セグメントのベンチマークを目指した。これは、理想的な重量配分、セグメントで最もダイレクトな13.6のステアリングレシオ、クラスで唯一採用する「インテグレーテッド・ブレーキ・システム(IBS)」、アルミ製パドルシフトなどによって実現している。

インテグレーテッド・ブレーキ・システム(IBS)は、スタビリティコントロール機能を従来型のサーボブレーキに組み合わせた電気機械的システムだ。電子システムと機械システムの融合、重量の最適化、ペダルの振動を排除したことにより、タイムラグのないブレーキレスポンスを実現しているという。

ブレーキには、ブレンボ製キャリパーを採用した。フロントに4ピストンキャリパーとセルフベンチレーテッドディスクを、リアにフルディスクを組み合わせ、ブレーキ性能を向上させている。

◆ロードホールディング性能を追求するFSDテクノロジー

サスペンションには、アルファロメオの技術パートナーとして長い歴史を持つ「KONI」と共同開発した「フリークエンシー・セレクティブ・ダンピング(FSD)」テクノロジーが採用された。ロードホールディング性能を確保し、走行環境を問わず快適性を向上させることで、パフォーマンスを追求している。

FSDテクノロジーは、マクファーソンストラット式サスペンションと組み合わされている。具体的には、フロントアクスルのジオメトリーによって、アルファロメオならではのステアリングフィールを実現し、コーナーの切り返しにおいて、迅速かつ正確な挙動を可能にする。これにより、ステアリングの歪みが減少し、ソフトウェアフィルタリングの適用が制限され、前輪ステアリングのコントロール性が最適化されるという。

リアは、独自の3アーム形状により、作動時の素早い反応を追求した。これにより、コーナーで高レベルの横方向加速を実現した、としている。

  • 森脇稔
  • アルファロメオ・トナーレ《photo by Alfa Romeo》
  • アルファロメオ・トナーレ《photo by Alfa Romeo》
  • アルファロメオ・トナーレ《photo by Alfa Romeo》
  • アルファロメオ・トナーレ《photo by Alfa Romeo》
  • アルファロメオ・トナーレ《photo by Alfa Romeo》
  • アルファロメオ・トナーレ《photo by Alfa Romeo》
  • アルファロメオ・トナーレ《photo by Alfa Romeo》
  • アルファロメオ・トナーレ《photo by Alfa Romeo》
  • アルファロメオ・トナーレ《photo by Alfa Romeo》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ