アルピーヌ A110 にEV、動力性能は内燃エンジン車と同等

新車 レスポンス

ルノー傘下のアルピーヌ(ALPINE)は7月21日、『A110』をベースにしたEVプロトタイプ、『A110 E-TERNITE』を欧州で発表した。

モーターは、最大出力242hp、最大トルク30.6kgmを発生する。0〜100km/h加速4.5秒、最高速250km/hの性能を可能にした。内燃エンジン搭載のA110の0〜100km/h加速4.2〜4.4秒、最高速260〜280km/hと比較しても、遜色ない動力性能といえる。

バッテリーは、『メガーヌE-TECHエレクトリック』用をベースにしており、蓄電容量は60kWh。車両重量は1378kgと、内燃エンジン搭載車から258kgの増加に抑えた。1回の充電で、最大420km(WLTPサイクル)の航続を可能にする。また、A110 E-TERNITEでは、ボディ剛性を低下することなく、新開発されたオープンルーフを組み込んでいる。

  • 森脇稔
  • アルピーヌ A110 E-TERNITE《photo by ALPINE》
  • アルピーヌ A110 E-TERNITE《photo by ALPINE》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ