【トヨタ クラウン 新型】1モーターハイブリッドトランスミッション採用…BluE Nexus/アイシン/デンソーが開発

新車 レスポンス

BluE Nexus、アイシン、デンソーの3社は、新開発した「1モーターハイブリッドトランスミッション」が今秋発売予定のトヨタ『クラウン・クロスオーバーRS』に採用されたと発表した。

今回3社で開発した「1モーターハイブリッドトランスミッション」は、新設計のダイレクトシフト-6ATと、駆動モーター、インバーターを一体化した製品で、高い加速性能と燃費貢献が特徴。車両リアに搭載されるeAxleと合わせて、2.4リットルターボエンジンを最大限に活用しながら、クラウン新型に相応しい走行性能を実現する。

1モーターハイブリッドトランスミッションは新開発の高耐熱発進クラッチを採用。高度な制御によって、高い発進応答性を実現した。また、ダイレクトシフト-6ATをベースに新設計した駆動モーターを組み合わせることで高いトルクアシスト効果を発揮し、ダイレクトかつトルクフルな走りを実現。また、発進用とエンジン切り離し用のクラッチを協調制御することで、車両発進時や走行時のあらゆる状況で、スムーズかつ静粛にエンジンの始動や停止を実現する。

駆動モーターは、コイル拡張組付けなどの新開発生産技術によるステーター軸長短縮や、コイル冷却、磁石配置最適化により、大幅に体格を低減した。大径扁平タイプとすることで、2つのクラッチをモーターのローター内側に配置でき、製品自体の全長増加を抑制。また、インバーターをトランスミッションに直上搭載した機電一体構造などにより、車両搭載性が向上した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 1モーターハイブリッドトランスミッション《写真提供 デンソー》
  • 駆動モーター、クラッチ部拡大《写真提供 デンソー》
  • トヨタ・クラウン・クロスオーバー《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ